JR北海道、石北線・釧網線の一部区間で「スマホ定期券」を2018年4月1日より導入

JR北海道は2018年4月1日より、スマートフォンで定期券を購入・表示できる「スマホ定期券」を導入します。

「スマホ定期券」は、スマホアプリで購入できるJR北海道の定期券です。定期券は、決済代行会社・ウェルネットが提供するスマホアプリに表示され、駅の改札を通る際に、駅員にアプリの定期券表示を提示して乗車することが可能になります。定期券を購入できるのは通勤定期だけでなく、通学定期(一般・高校生専用)も含まれます。従来の定期券通り、期間は1カ月、3カ月、6カ月から選べます。

このスマホ定期券の導入により、駅へ行かなくても、クレジットカードやコンビニエンスストア、銀行ATM、ネットバンクでのお支払が可能となるため、24時間「いつでも」「どこでも」「スマートに」スマホ上の簡単な操作だけで定期券を購入できるようになるとしています。

通学一般・通学高校の定期券でスマホ定期券を利用する場合には、事前に学校の事務への申込みをすることで本人確認が出来る仕組みとし、駅窓口への「通学証明書」の提出は不要となるシステムとなります。

[JR北海道]

スポンサーリンク

関連記事

NTTドコモ、「2年縛り」の解約金がかからない期間を3ヶ月に延長

間野 優希

ファーウェイ、SDカードの業界団体から追放され、新規にmicroSD搭載のスマホが製造不可に

間野 優希

JR東日本の普通列車グリーン車の車内販売でSuica(交通系電子マネー)の取扱いが開始!

間野 優希

mineo、月額500円3ヶ月引きキャンペーンなどを来月1日より実施

間野 優希

自動音声翻訳機「ez:commu(イージーコミュ)」、八十二銀行で接客ツールとして採用

間野 優希

Apple、3月25日にイベント開催!「It’s show time.」が指すものは…?

間野 優希