Apple 仙台一番町、2019年1月25日に閉店 ―東北エリアでのApple製品の販売に打撃

Appleは同社のWebサイトにおいて、宮城県仙台市で営業しているApple直営店「Apple 仙台一番町」を2019年1月25日に閉店するとしています。

Apple 仙台一番町は東北エリアのApple製品販売の拠点として13年間営業を続けてきていました。

Apple製品におかれる環境も13年で大きく変わりました。女子高校生を中心に多くのユーザーに支持されている「iPhone」、さまざまシーンで活躍する「iPad」、スターバックスコーヒーでドヤ顔をする「Mac」など、Apple製品の売上げは大きくなっています。

現在、Apple直営店ではApple製品の販売の他、Apple製品のサポートなどを行っています。アップル正規サービスプロバイダは日本国内で多く展開されていますが、それよりも詳しいサポートを受けることができたのがApple StoreのGenius Barです。

今回、東北エリアからApple 仙台一番町が撤退すると、仙台を中心としたApple製品の販売のネットワークに大きな影響があると思われます。それに加えて、サポート拠点も失われるということで、東北エリアのApple製品のユーザーには不便を感じることがあるかもしれません。

国内では京都や新宿にAppleの直営店がオープンしましたが、今回のAppleの動きは今後、国内における販売ネットワークの変化の影響があると思われます。

[Apple]

スポンサーリンク

関連記事

みずほ銀行、最後の週末ATM停止 ―電子マネーのチャージやLINE Payなども停止

間野 優希

パナソニック、4K放送を “ダブル録画” が可能なBDレコーダー「4K FIGA」3モデルを発表!

間野 優希

NTTドコモ、205カ国で使える24時間980円ローミングプラン「パケットパック海外オプション」を提供開始!

間野 優希

LINE、SNSアプリ「LINE」アカウントの引き継ぎ方法が変更 ―わかりやすいUIに刷新

間野 優希

JR北海道、石北線・釧網線の一部区間で「スマホ定期券」を2018年4月1日より導入

間野 優希

ファーウェイ、ポップアップ式自撮りカメラ搭載スマートフォンを発表!

間野 優希