海外メーカー Android スマートフォン

サムスン、MWC 2019の開催前に「Galaxy S10」を発表か?2月20日にプレスイベントを開催

サムスンは、バルセロナで2月に開催される展示会「Mobile World Congress 2019」に先走って、同社のフラッグシップモデル・Galaxy S10の発表イベントが2019年2月20日にあるとされています。

Galaxy S10は公式には発表されていません。メディア各社に送付されたイベント招待状によると「Galaxyシリーズは10週年を記念するモデル」となるとのこと。これはAppleが行ったiPhone Xの手法と同じで、サムスンはGalaxyシリーズの期待を高めようとしています。

現在ある噂によると、S10、S10 Plus、S10 Eという3つの名前が明らかにされています。これらのデバイスの一部または全部に、サムスンのInfinity-Oディスプレイ(パンチホールディスプレイとも呼ばれる)が付属する場合があります。それはスクリーンを囲むベゼルがほとんど存在しないところであり、そして自撮りカメラは一枚の紙のパンチ穴のように、スクリーンの一番上に孤立した円として浮かんでいます。上の招待状の画像には手がかりがあり,、中央を通る線は、ベゼルが電話の周りにどれだけ細いかということです。

すでに市場で展開されているLG V40 ThinQやHuawei Mate 20 Proなどの携帯電話と同じように、サムスンがGalaxy S10 Plusの背面に3台目のカメラを追加して広角レンズを使用できるようになるとの噂もあります。

Galaxyシリーズは日本でも発売されるので、今後の展開が期待されます。

[DIGTAL TRENDS]

関連記事

これぞフルMVNO!「IoT」「eSIM」が話題のIIJmio meeting 22 東京会場のレポート

間野 優希

Google、Android・iOS向けGmailアプリが「Material Theme」に刷新!

間野 優希