NTTドコモ、「2年縛り」の解約金がかからない期間を3ヶ月に延長

NTTドコモは一般的に「2年縛り」と一般的に呼ばれる、2年契約のサービスを解約をする際に、違約金がかからずに解除ができる期間を従来の2ヶ月から1ヶ月延長し、3ヶ月とします。

これは、総務省で実施された携帯電話業界における検討会や行政指導を踏まえて、ドコモが2018年8月に、2年縛りに関する違約金の上限を見直すというものを受けてから。

改定後は以上の通り。

また、定期契約満了月に送付される契約の満了の通知を、定期契約満了前月に送付すると変更がなされます。

今回の施策は2019年3月に定期契約が満了を迎えるユーザーから対象になります。

2000年中旬から携帯各社が取り入れた料金プランの「2年縛り」は携帯業界の悪しき慣習であり、総務省や世間からも改善が求められることが多いものでした。auやソフトバンクもそれに追随するのか気になるところです。

[NTTドコモ]

スポンサーリンク

関連記事

【これはまずい】中国、一部の観光客のAndroid端末にスパイウェアを密かにインストールしている疑惑が

間野 優希

ソフトバンク、実質 “無制限” 「ウルトラギガモンスター+」加入ユーザー向けに「ギガ使い放題キャンペーン」を延長

間野 優希

NTTドコモ、Galaxyシリーズなど最新スマホなど2019年夏モデルを発表!

間野 優希

岐阜県大垣市、窓口でLINE Pay・PayPayの取り扱いが開始!9月より納付実証実験

間野 優希

みずほ銀行、最後の週末ATM停止 ―電子マネーのチャージやLINE Payなども停止

間野 優希

政府、2023年度に5G基地局向けとして、全国20万基の信号機を開放 ―日経報道

間野 優希