ファーウェイ、ポップアップ式自撮りカメラ搭載スマートフォンを発表!

スマートフォン業界でポップアップ式の自撮りカメラを搭載することがトレンドとなっています。ファーウェイもこの動きに同調する形で、自撮りカメラ搭載「P Smart Z」というスマートフォンを発表しました。

ファーウェイによると、1秒で飛び出る1600万画素の自撮りカメラは、写真を撮る際にスマートフォンから飛び出し、撮影終了後はもとに戻るという仕組みになっています。

ポップアップ部分は最大12kgの圧力に耐え、ポップアップは10万回も耐久性があるとしています。

P Smart Zは画面にもこだわっており、フルHD +(2,340 x 1,080)解像度の6.59インチの大型LCDディスプレイを搭載しています。

上部と下部のトーンの間には実質的な差がありませんが、背面はツートーン仕上げです。これに加えて、16MPのセンサーと2MPの深度センサーのデュアルカメラも。

プロセッサはファーウェイが手がけるKirin 710の修正版を採用。スペック面ではベーシックのKirin 710と変わらないとしています。

また、4GBのRAM、ストレージは64GB、4000mAhのバッテリーを搭載しています。なお、Android 9 Pieの上でEMUI 9.0で動作しているとのこと。

P Smart Zは、イタリアとスペインで279ユーロ(約3万4300円)で販売中です。

[Android Authority]

関連記事

大人気!九州初のAnker常設直営店「Anker Store 博多マルイ」が2019年6月1日にオープン!

間野 優希

mineo、月額500円3ヶ月引きキャンペーンなどを来月1日より実施

間野 優希

セブンーイレブンの「7pay」(セブンペイ)、2019年9月末でサービス終了へ ―不正アクセスを受けて

間野 優希

パナソニック、「Let’s note」個人向け春モデルを発売 ―SV8は第8世代プロセッサを搭載

間野 優希

UQ、「ギガ放題」と謳う広告なのに「速度制限」で最高裁にて賠償が確定

間野 優希

サンリオ、シナモンがしゃべるGoogle アシスタントでオーダーする「シナモロールお空のドリンクスタンド」を4日限定でオープン

間野 優希