自動音声翻訳機「ez:commu(イージーコミュ)」、八十二銀行で接客ツールとして採用

IoTデバイスの開発を行うフューチャーモデル株式会社は、長野県の八十二銀行において、SIMフリーAI自動翻訳機「ez:commu(イージーコミュ)」の導入を行い、6月24日より八十二銀行全店舗にて本格運用を開始しました。

八十二銀行では、外国人材の受け入れや共生に向けた社会的な流れに同調し、かつ顧客の利便性向上と銀行業務の効率化を目的として、AI自動翻訳機の導入を検討し、今回の「ez:commu(イージーコミュ)」が採用が決定されたとのことです。

「ez:commu(イージーコミュ)」を利用するのには、Wi-Fi・携帯電話ネットワークからインターネットに接続が必要です。翻訳にあたっては、随時クラウド上の4つの翻訳エンジンにアクセスし、常に最新のボキャブラリーの中から翻訳を行う「オンライン翻訳機」となります。

また、対応言語は48カ国および地域の言語に幅広く対応しています。それに加えて、複数人でのグループ翻訳にも対応しており、相手が何語(機器が対応している言語)でも画面にタッチすれば、自国語の翻訳結果が文字で表示されます。

今回の八十二銀行への導入ですが、機器の操作性(使いやすさ)、音声入力時の音声認識精度、翻訳精度、費用面(初期費用・ランニング費用)などが決め手とのこと。

[フューチャーモデル株式会社]

スポンサーリンク

関連記事

NTTドコモ、205カ国で使える24時間980円ローミングプラン「パケットパック海外オプション」を提供開始!

間野 優希

リンクス、スマートフォン・タブレット向けのBluetoothワイヤレスキーボード「MWK28BT」を発売

間野 優希

海外向けモバイルWi-Fiルーターレンタル「イモトのWiFi」からデータ無制限「イモホーダイ」が登場!

間野 優希

オプテージが提供する格安スマホ・mineoの責任者の上田晃穂氏が退任

間野 優希

ファーウェイ、「(今後の)アフターサービスに影響ない」と声明を発表

間野 優希

メルカリとKDDI、「メルペイ」と「au PAY」利用店舗の共同開拓で合意

間野 優希