シャープ、ソフトバンクに「AQUOS R」ベースの5Gプレサービス用スマートフォンの納入 ―一般発売はなし

シャープは、ソフトバンクに第5世代移動通信システム(5G)プレサービス向けに開発されたスマートフォンを納入します。なお、ソフトバンクはこのスマートフォンを7月下旬に実施される5Gのプレサービスを使用します。

5Gプレサービス用スマートフォン

ベースモデルは、シャープのフラッグシップモデル・AQUOS R3となっており、今回の5Gプレサービス向けに5Gの電波帯「Sub6(6GHz未満の周波数帯)」と「ミリ波(28GHz帯などの高周波数帯)」の両方に対応させたとのこと。

ソフトバンクで行われる5Gプレサービスにおいて、ネットワーク構築時の検証や、各種サービスなどの検証が行われます。

なお、このモデルは一般発売の予定はないとのこと。

スポンサーリンク

関連記事

ファーウェイ、「(今後の)アフターサービスに影響ない」と声明を発表

間野 優希

手の平サイズの万能USB-Cマルチハブ「USB-C(TM) マルチメディアハブ」がベルキンより発売

間野 優希

パナソニック、「Let’s note」個人向け春モデルを発売 ―SV8は第8世代プロセッサを搭載

間野 優希

サムスン、MWC 2019の開催前に「Galaxy S10」を発表か?2月20日にプレスイベントを開催

間野 優希

韓国アシアナ航空、ソウル~ニューヨーク便などのファーストクラスを全廃

間野 優希

メルカリとKDDI、「メルペイ」と「au PAY」利用店舗の共同開拓で合意

間野 優希