J.P. Morganのアナリスト、2020年に4つのiPhoneが発表と予想され、スペックのアップグレードも指摘

J.P. MorganのアナリストのSamik Chatterjee氏は2020年、AppleがiPhoneを4つのモデルを発売するとともに、スペックアップが実施されると指摘しています。

Chatterjee氏によると、2020年に発売されるiPhoneには有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイを採用し、5Gネットワークに対応した高速モデム、バーチャルリアリティ機能など新しいセールスポイントがいくつかあると予測しています。

iPhoneは5Gネットワークに対応するとのことですが、日本ではまだ展開されておらず、5Gの高速な通信を堪能できるのはまだ先になりそうです。

また、JP Morganのアナリストたちは、すでにiPhoneには3Dセンシングカメラがありますが、2020年には背面に同様のカメラが装備されると予測しています。

2019年9月に発売されるというiPhoneは3種類リリースされるとのこと。このアップデートでは5Gモデムや大きな設定の変更などは含まれないとしています。

[CNBC]

スポンサーリンク

関連記事

Apple 仙台一番町、2019年1月25日に閉店 ―東北エリアでのApple製品の販売に打撃

間野 優希

Apple、iPhone XRを値下げか?動画配信サービスを運営する企業の買収も検討か?

間野 優希

2020年発売のiPhone、画面内蔵の「Touch ID」に対応か?待望の「iPhone SE 2」も登場?

間野 優希

Apple、3月25日にイベント開催!「It’s show time.」が指すものは…?

間野 優希

IIJmio、個人向けにSIMカードが不要なeSIM対応のデータ通信サービスを開始 ―iPhone XSなど対応

間野 優希

【これはまずい】中国、一部の観光客のAndroid端末にスパイウェアを密かにインストールしている疑惑が

間野 優希