J.P. Morganのアナリスト、2020年に4つのiPhoneが発表と予想され、スペックのアップグレードも指摘

J.P. MorganのアナリストのSamik Chatterjee氏は2020年、AppleがiPhoneを4つのモデルを発売するとともに、スペックアップが実施されると指摘しています。

Chatterjee氏によると、2020年に発売されるiPhoneには有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイを採用し、5Gネットワークに対応した高速モデム、バーチャルリアリティ機能など新しいセールスポイントがいくつかあると予測しています。

iPhoneは5Gネットワークに対応するとのことですが、日本ではまだ展開されておらず、5Gの高速な通信を堪能できるのはまだ先になりそうです。

また、JP Morganのアナリストたちは、すでにiPhoneには3Dセンシングカメラがありますが、2020年には背面に同様のカメラが装備されると予測しています。

2019年9月に発売されるというiPhoneは3種類リリースされるとのこと。このアップデートでは5Gモデムや大きな設定の変更などは含まれないとしています。

[CNBC]

関連記事

【これはまずい】中国、一部の観光客のAndroid端末にスパイウェアを密かにインストールしている疑惑が

間野 優希

【調査】高等教育を受けている学生の71%がMacを使用、もしくは使用を好むという調査結果が発表

間野 優希

Appleのリコール前の15インチMacBook Proのバッテリー爆発があまりにもひどすぎる!対象機種ユーザーは早急に対応を

間野 優希

Apple、9月10日火曜日に新型iPhoneを発表か?匿名のApple開発者からの情報としてリーク

間野 優希

Apple、東京駅前の「Apple 丸の内」9月7日オープン!Apple人気による販売網の拡充へ

間野 優希

Apple、iPod touch(7th generation)を開発か? ―CESに出展したAppleサプライヤーの話から

間野 優希