Googleの「Pixel 4 XL」の予想レンダリングが公開!ベゼルが採用か

有名なリークを数多くするOnLeaksとインドメディアPricebabaは、流出した回路図より、Pixel 4 XLの予想レンダリングを公開しました。

ご覧の通り、Pixel 4 XLのデザインは以前公開されたPixel 4のレンダリングとよく似ています。

明らかに見える通り、上の厚いベゼルと下のあごのためのわずかに細いものを採用しています。ディスプレイはまだ高い縦横比を特徴としているようで、OnLeaksでは6.25インチであることを確認しています。一番上のベゼルには、デュアルカメラと2つの未知のセンサーが入っているようです。

 

OnLeaksはまた額の右側、受話口の隣に何になるのかわからないくぼみがあるとしています。

これは、タッチレスのジェスチャインタラクションやフェイスIDタイプのモジュール用のSoli Radarコンポーネントを潜在的に搭載する可能性があります。あるいは、デバイスに物理的な指紋センサーがないため、ディスプレイ内の指紋スキャナーも採用する可能性もあります。全体的な寸法に関しては、OnLeaksはPixel 4 XLはカメラバンプの周り9.3 mmの厚さで160.4 x 75.2 x 8.2 mmとなると伝えています。

リアパネルはガラス製で、モノトーンのデザインが特徴です。OnLeaksは、標準的なレンダリングと360度のビデオでは、ガラスの反射が原因で、カメラの隆起がそれよりも厚いように見えることを指摘しています。5Kレンダリングはカメラバンプの厚さの実際の表現を表示します。

後部パネルでは、3台のカメラが正方形のカメラバンプの中に三角形の配置で、マイクとLEDフラッシュと共に配置されています。

最近のリークではGoogleカメラのコードにから明らかになったように、第二カメラは望遠レンズになることを示唆しています。これは、Piexl 4 XLが今日最も流行している光学ズームを特徴とするかもしれないことをほのめかします。3番目のカメラモジュールが何のためにあるのかについての単語はありませんが、それは3D ToFセンサーかもしれません。

残りのポートと要素は標準のPixelで、右側にボリュームキーのある電源ボタン、そして一番下にUSB Type-Cポートがあります。

しかし、変わったことは、以前のデバイスで見られたように、電話はもはや ”正面発射型スピーカー” 搭載していないということです。代わりに、Type-Cポートの両側にデュアルスピーカーグリルがあります。予想通り、携帯電話には3.5mmオーディオジャックがありません。

[OnLeaks(Twitter)、 Pricebaba]

スポンサーリンク

関連記事

Google、Android・iOS向けGmailアプリが「Material Theme」に刷新!

間野 優希

サンリオ、シナモンがしゃべるGoogle アシスタントでオーダーする「シナモロールお空のドリンクスタンド」を4日限定でオープン

間野 優希

サムスン、MWC 2019の開催前に「Galaxy S10」を発表か?2月20日にプレスイベントを開催

間野 優希

「Google Pixel 4」とみられるCAD画像がリーク!リアカメラがダブルレンズにアップデートか?

間野 優希

ファーウェイ、「(今後の)アフターサービスに影響ない」と声明を発表

間野 優希

これぞフルMVNO!「IoT」「eSIM」が話題のIIJmio meeting 22 東京会場のレポート

間野 優希